空手 | オリンピックにおける種目とルールについて

空手 | オリンピックにおける種目とルールについて

2020年に開催される東京オリンピックに採用される

空手の流派ですが、

流派というより、団体組織 連盟ですね。

数ある団体の中で、正式採用されたのは、

公益財団法人全日本空手道連盟です。

出場選手も、

当連盟と傘下にある加盟団体の中から選出されます。

ここで少し簡単ですが、

空手の審査基準について述べたいと思います。

スポンサーリンク




オリンピックにおける空手のルールとそのあり方

競技としての空手は、

  • 組手部門
  • 形部門

に分かれます。

組手は相手との実際の攻防で、

形については、相手を想定した

一人による演武のことを言います。

組手のルールは大きく分けて、

  • 防具を装着しない
  • 防具を装着する

に分かれます。

また、

防具を装着しないルールには、

  • 寸止め(ノンコンタクト)
  • 直接打撃(フルコンタクト)

があります。

これらは大雑把に分けたもので、

例えば、フルコンタクトにおいても、

一部ポイント制を採用している団体もあり、

投げもあったりします。

詳細なルールについては、またの機会に譲りたいと思います。

2020年でのルールはポイント制で、

直接相手の体に当てることは許されません。

相手の体の直前で止める、

いわゆる寸止め(ノンコンタクト)ルールです。

ただし、ダメージを与えず、

軽くあてる程度であれば有効になります。
(実際は、倒れるようなダメージがあっても一本になることもあります。)

寸止めと相反する、

極真空手に代表される

直接打撃(フルコンタクト)ルールでの採用ではありませんでしたが、

日本空手道連盟笹川会長は、

ルールを守っての出場希望には、

下記のように応えるとの見解を出しています。

「極真の大会や一本勝負ルール(日本空手協会)などは伝統があるので、
そのルールで競い合って頑張れば良い。
ただし、安全で怪我のない、この五輪の統一されたルールを守って出るのなら構わない」

友好関係を結んだ、

  • 極真会館(松井章奎館長)
  • 極真連合会(七戸康博理事長)

の2団体が、ルールに則った選手育成を念頭に置きました。

しかし、

通常フルコンタクトで慣れている極真が、

ノンコンタクトでどこまでやれるかが疑問です。

同じ空手とはいえ、ルールが全く違います。

言いすぎでなければ、

違うスポーツといっても過言ではないと思います。

会場は2016年現在、日本武道館が有力候補になっています。

 

スポンサーリンク

 

今日は空手の稽古でした。

空手は稽古した分だけ上達します。

比較的早く体感できるので、

モチベーションの向上にもつながります。

ただ、

若い子たちと一緒に稽古をしていると、

歳いっている自分は、多少自己嫌悪に陥ります(笑)

若者のほうが上達がはるかに速いからです。

若いっていいですね(笑)

私が最初に空手と出会ったのは、4歳の頃でした。

父親が空手の有段者だったので、

会社から帰宅すると、

座布団を二つ折りにして抱え、それを蹴るように仕向けました。

それが稽古の始まりでした。

それ以降、稽古したり、休んだり

今に至っています。

次は、

空手の効用についてお話ししたいと思います。