空手の効用1 | 運動能力の向上

空手の効用1 | 運動能力の向上

前回申し上げましたが、

空手といっても、様々な流派があり、

試合等は種目、ルールが違います。

一言に効用といっても、

競技で勝つことを目的とした練習方法や、

試合は行わず、

自己の精神の鍛錬を目的としたものが存在するので、

さまざまです。

スポンサーリンク




空手にはさまざまな効用があります

私が学生の時と比較して、

種目、ルールに沿ったトレーニング方法や

筋トレ一辺倒のトレーニングから、

身体のバランスや身体能力の向上を目的とした

トレーニング法を取り入れる道場が増えてきました。

具体的な方法論は異なりますが、

今では、

ほとんどの空手道場で行われているのではないでしょうか?

そのため、

運動能力が良いという印象があります。

バランスをよくするトレーニングをすることで、

さまざまな効果があります。

空手における運動能力とは

運動能力は一般的には、

  • 筋力
  • 持久力
  • 柔軟性
  • 敏捷性

の4つに分かれます。

一つだけ抜きんでている人はいますが、

4つ兼ね備えて人はなかなかいません。

ですが、

4つを備えこれらをコントロールできるのが、

運動能力に優れているということです。

トレーニングには器具・用具を使うのも効果的です。

安価でいいものにバランスボールがあります。

抱えるくらいの大きさのゴムボールの上に乗って、

落ちないようにいろいろ動くだけでも、

体幹が鍛えられます。

体幹のトレーニング等、

運動能力を向上するためのトレーニングのせいでしょうか?

近年、組手(実際に相対し勝敗を争う種目)においても、

戦法が変わってきたと思います。

技の伸びがよくなってきました。

私は、あまり上達せず、この歳になりましたが、

今でも空手は精神を鍛え健康になる

一番のスポーツ、武道であると思います。

次は、

空手の起源、歴史についてお話ししたいと思います。