空手の帯と級について

空手の帯と級について

空手に限らず、

モチベーションを保つためにも

クラス分け、昇級、昇段は必要であると思います。

空手は、級や段によって階級分けされ、

それを帯の色や帯の線で表します。

各流派、団体によって昇級、

昇段のカリキュラムは様々です。

スポンサーリンク




空手における階級ごとの帯の色は

 

同じ連盟に所属していても、

帯のつけ方が異なる流派、団体も存在します。

大雑把なところで、

■帯の色

  • 伝統派の帯の色
    無級 白
    10級 白(オレンジ等)
    9級 白(緑・青・黄・赤等)
    8級 白(緑・青・黄等)
    7級 白(緑・青・黄等)
    6級 緑
    5級 紫
    4級 紫
    3級 茶
    2級 茶
    1級 茶
    初段~黒
    (少年部は除きます。)
    **伝統派の組織、団体
    全ての流派にあてはまるわけではありません。
  • 極真系の帯の色
    無級 白
    10級 オレンジ 線なし
    9級 オレンジ 一本線
    8級 青 線なし
    7級 青 一本線
    6級 黄 線なし
    5級 黄 一本線
    4級 緑 線なし
    3級 緑 一本線
    2級 茶 線なし
    1級 茶 一本線
    初段 黒 一本線
    二段 黒 二本線
    三段 黒 三本線



    (少年部は除きます。)

■カリキュラム
昇級、昇段のカリキュラムも
各連盟、組織によって様々ですが、

  • 基本
  • 移動
  • 形(型)
  • 組手
  • 補強

のセットが大半であると思います。

 

極真の昇段審査も時代とともに変わりました

karate_kyokushin03

私の学生時代(今から40年近く前^^;)

極真会館の帯の色は、

橙(オレンジ)帯がありませんでした。

また、

それ以前は、

白、茶、黒しかなかったそうです。

恐らく、どの流派も同じで、

時代とともに色が増えていったと思います。

色々あると考えられますが、

一番の理由として、

モチベーションを考えての事であると思います。

茶帯になるまで、何年も帯の色が同じ、

厳しい道場では、5年も変わらないケースもありました。

これではモチベーションが下がりますし、

飽きてしまうと思います。

外国人の入門者も増えてきた時代です。

外国人は、特に形づいたものや、結果を好みます。

何時までも変わらない帯では、

不満がたまり、退会に繋がりかねません。

また、

昇級審査には審査料が必要です。

現在、おおよそ1万円前後でしょうか?

帯の色が変われば、

審査の回数も増えることが予想されます。

必然的に組織の収入が増えるということです。

が、あまりこういったことは考えてはいけませんね(笑)

会員のために充実した設備やカリキュラムが必要ですから。

あと、興味深いのが、

極真の昇段審査の組手です。

以前(大山総裁のご存命中)は、

初段は10人

2段は20人

と、段が上がるごとに10人ずつ

増えていきましたが、

現在、

極真空手の団体の一つ、

新極真会は、

段位にかかわらず、すべて10人組手になりました。

他の極真系は、従来通りの審査のようです。

 

スポンサーリンク

 

極真での審査の思い出

karate_others03

当時16歳、

青帯(当時は水色帯)から黄帯への昇級審査、

基本の審査の時、

「冬木ぃ!!!今何をやっているんだぁ!!!」

故、大山総裁(当時は館長)の怒鳴る声が聞こえました。

私は焦って、

「押忍!中段外受けです、押忍!」

と返すと、

さらに総裁は、

「違うだろ!そうじゃない、

こうして腕をこっちまで持ってくるんだぁ!」

正中線を越えるよう指示されました。

外受けは、正中線で止めるように

指導している道場もあります。

40過ぎて、新たに入会した極真系道場でも

外受けで、正中線を超えないよう注意を受けました。

「冬木さん、いまは変わったんですよ。」

しかし、

この時のことがトラウマにあり、

どうしても正中線を越えて受けてしまいます(笑)

次は、

護身としての空手についてお話ししたいと思います。