空手の型 | ナイハンチにおける流派の相違

空手の型 | ナイハンチにおける流派の相違

ナイハンチ(ナイファンチ)という型をご存じでしょうか。

昔の沖縄では、

主に首里手、泊手の空手を修行するにあたり、

『最初に取得すべき基本の型』であったそうです。

基本型、鍛錬型と位置付けられていますが、

一方では、

実戦型と重要視している空手家もいました。

スポンサーリンク




空手の型 | ナイハンチ

 

本部流創始者、『本部朝基翁』です。

motobuchokiryukyukarate

出典:本部朝基と琉球カラテ 岩井虎伯著(愛隆堂)

もっとも当時は、

ひとつの型を3年から5年続けるのはあたりまえで、

中にはその型しか知らない人も存在したみたいです。

これでは、基本型か実戦型か区別がつきません。

というのも、

ナイハンチに関しては、

糸洲翁が、

学生を教えるために採用したので、

初心者の型と言われたのが

広まったようです。

型は、一生をかけるほど長く続けないと

身につかないとも言われます。

特に特にナイハンチは、

一生かかっても完全にできないほど、

難しい型の代表的なものとなりました。

現在では考えられないことです。

入門者が飽きてしまい、

退会のラッシュに繋がりそうです(笑)

ナイハンチも色々話題が付きません。

立ち方や運足等など、

微妙ですが違いがみられます。

現在に近いところでの違いならまだしも、

源流あたりから

空手家により違うのもまた興味深いです。

ざっと挙げてみると、

  • 足の向き ・・・ つま先が内向き、まっすぐ、外向き
  • 歩幅 肩幅・・・ 1.5倍、2倍
  • 運足 ・・・・・ 音を立てるか立てないか

などですが、

上述はよくある話題なので、

今回は手の向きに焦点をあてたいと思います。

 

ナイハンチを伝えた人

その前に、

ナイハンチを伝えた人は誰だったのでしょうか?

一人の人から各々の空手家が

伝えたものを改変したのでしょうか。

当時は沖縄に流れ着いた中国人がいたそうです。

その中に拳法の達人もいました。

ピンアンの記事にも書きましたが

もともとは、

チャンナン(南禅)

という人による伝承とのことです。

ただ、ここでも異説があります。

松村宗棍翁が北京に行って、

中国拳法を習得し、

持ち帰った型の中の一つを

改良したものという説もあります。

matumurasokon
松村宗棍翁画像
出典:yahoo.co.jp

もしかすると、

どちらも正しいのではないでしょうか?

改変ではない、

違いの理由の一つになっているのかもしれません。

興味深いですね。

改変自体は、

空手家がそれぞれ

実戦としてそれが良いと考えたからなのでしょうか。

泊手には原型が残っているといわれています。

糸東流開祖『摩文仁賢和翁』は、

ナイハンチの原型を教わっていて、

糸洲翁に教えを受けた時に、

既に学んでいたナイハンチが、

改変前の型ということを知ったそうです。

つまり糸洲翁も改変していたことになります。

karate_mabunikenwa01
yahoo.co.jp

摩文仁賢和翁画像

ちなみに、

当時のナイハンチ立ちより、

騎馬立ちに近い形で立ち方を

改変したのは船越翁です。

ナイハンチの漢字ですが、

摩文仁賢和翁の

内歩進』に対し、

船越翁は『騎馬立ち』に

改変したため、『鉄騎』と呼びました。

何故ナイハンチが最初に学ぶ型だったのでしょう

もちろん

那覇地方の代表型ではないので、

何とも言えませんが、

姿勢を第一に考えた型だから

ということが挙げられます。

身体の運用、

今でいう体幹のトレーニングに

通ずるものがあったかもしれません。

次に運足です。

横の動きに実践性だけでなく、

鍛錬の意味含まれています。

重要なのが身体操作です。

以前にも書いた、

ガマク』の入れと抜きの大切な部分があります。

ナイハンチも動画等いろいろ見ましたが、

型(かたち)としては同じですが、

身体の操作が結構様々で違いますね。

ただ、個人的な意見として、

身体操作(ガマク)も

それだけに固執するのはよくないと思います。

その動作に入る作りの間(ま)が出来て、

却って逆効果になるのではないかと思いました。

ただ、当時の沖縄の空手は、

そういうことはあまり意識していなかったと思います。

ガマク等の身体操作は、

技をかける、受ける時の一部で一体化されているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

手の向きについて

本題ですが、

手の向きです。

何の事やらと思う方がいると思います。

実際ネット上でも

あまり話題になっていないことであると思います。

正面に裏拳の動作の次の

『波返し』から横への内(外)受けの時に、

握った拳の甲を

外に向けるか内に向けるかの違いです。

motobuchokiryukyukarate3
出典:本部朝基と琉球カラテ 岩井虎伯著(愛隆堂)

しかし、

この動作一つで全く違う

実戦の解釈ができると思います。

握った拳を外(相手)側に向ける動作は、

トンファーを握っていると考えると

少し納得がいくのではないでしょうか。

ナイハンチの素手の延長線上には、

武器の応用を考えると面白いと思います。

また、

今回は割愛しますが、

他にも武器を持った時の

動作、用法と似たものがあります。

もっとも、

現在の平安二段(糸洲流、糸東流は平安初段)も

棒での攻撃を想定した型と言われています。

本部朝基翁は自著の中で、

手の甲を内に向けることを

はっきりと否定しています。

motobuchokiryukyukarate2
出典:本部朝基と琉球カラテ 岩井虎伯著(愛隆堂)

「よく腕を捻じる様に教える人もあるも、
誤れるも甚だし、何んとなれば手の甲を
以って受る法無し、注意すべし。」

出典:本部朝基と琉球カラテ 岩井虎伯著(愛隆堂)

どちらが原型のままの動作なのでしょうか?

先に挙げた2つの伝承説がどちらも正しければ、

手の向きもそれぞれあっても

おかしくないように思えます。

まとめ

どの世界にも、

元は一つの事や物であっても、

年月を経るごとに

違ったものに変化していくことはあると思います。

また、

組織や団体から離れ、

違う組織、団体を創り同じことをしても、

だんだん違うものになっていくこともあります。

もちろん、

それが進化に伴っていればいうことはありません。

現在のように、

書物やマニュアルなどはなく、

言葉で伝える『口伝』によって、

技や型の分解の意味などが伝えられたため、

途中で解釈の違いも生まれたり、

失伝したりもしました。

我々のような空手愛好家は、

変わったことに失望や疑問を

持ったのではなく、

元々の解釈や失伝した技を

知りたいだけであると思います。

本部のナイハンチ
『Motobu-ryu Naihanchi Shodan by Motobu Chosei (slow)』
(BayanTheOne)

糸東流のナイハンチ
『Naihanchi Shodan Shito Ryu』
(Juan Beltrán Rodríguez)

泊のナイハンチ
『泊のナイハンチ Tomari no Naihanchi』
(motoburyuorg)

最後は、
沖縄空手道松林流喜舎場塾 新里勝彦先生のナイハンチ
効果音ではないのが凄い。

↓ ↓ ↓
5 karate Commentary of the technical skill空手~技の解説・ナイハンチ