少林寺拳法 | 不動禅という同じ名前のもう一つの拳法

少林寺拳法 | 不動禅という同じ名前のもう一つの拳法

2回にわたり

少林寺拳法について書かせていただきましたが、

これは、

金剛禅少林寺拳法』についてでした。

実は、

過去に少林寺拳法を名乗った

組織が存在していました。

スポンサーリンク




少林寺拳法が過去に2つ存在していました

いったい、

金剛禅少林寺拳法の他に

どんな少林寺拳法があったというのでしょうか?

それは、

不動禅少林寺拳法』と言います。

現在は、

少林寺流拳法

と名称を変えて道場運営をしています。

ここでは、

少林寺拳法が同じ名前なので、

金剛禅』と『不動禅』で区別します。

 

 

不動禅少林寺拳法とは、金剛禅とは何が違うのか?

 

syourinjikenpou_fudouzen01

出典:不動禅少林寺流拳法

 

不動禅も金剛禅と同様に

日本の武道ですが、

源流は、

嵩山少林寺の達磨伝少林拳と謳っています。

ただし、

現在の中国の少林拳とはかなり異なり、

金剛禅とも系譜の全く異なる武道です。

開祖は福井県の永平寺の『禅僧大智禅師』ということです。

また、

空手の『糸東流』も基本になっているとのことです。

大智禅師は、

中国嵩山少林寺において修行の後、

日本で少林武術を広めたそうです。

まだ、

この当時は名称は一定ではなく、

1941年に不動禅少林寺拳法となります。

現在は、

堀後康龍』という人が

33代目を継いでいます。

不動禅の技は、

金剛禅同様、突き蹴り、逆技に加え、

トンファやサイなどの武器術も含まれています。

何故、

少林寺流と名称を変更したのでしょうか?

金剛禅からの訴訟があったのですが、

公式ではないとしても、

少林寺拳法を名乗ったのは、

歴史的に不動禅のほうが早かったのではないでしょうか?

結果、

不動禅は和解の後、名称を変更しました。

しかし、

不動禅も金剛禅も

源流は違いますが、

  • 青少年の育成
  • 護身術として発展
  • 技と心の伝承

をモットーとし力を入れています。

さすが同じ少林寺拳法と言わなければなりません。

無理して特徴を挙げれば、

互いに中国武術の面を除いて、

  • 柔術に長けていた金剛禅
  • 空手を取り入れている不動禅

でしょうか?

私を含め、

比較することが好きな方は、

お互いの技を検討することも

いいのではないでしょうか?

不動禅からそれぞれ一派を起こした組織には、

下記があります。

  • 巍桜流拳法
  • 奥旨塾(太道)
  • 拳禅会
  • 心行巍禅少林拳
  • 凜水流空手拳法
  • 武備志拳法
  • 龍元館
  • 陽心館流拳法

少林寺拳法 不動禅という同じ名前のもう一つの拳法 | まとめ

syourinjikenpou_fudouzen02

金剛禅、不動禅、

偶然かは定かではありませんが、

同じ名称だったことは興味深いです。

ただし、

全く違う訳でなく、

志は変わらない素晴らしい武道です。

どちらも歴史ある武道ですから、

良い方向へ向かって、

さらに発展していくように頑張ってほしいものです。

今の社会に活を入れることを願っています。

合掌