気功の効果 | からだのケアは内面からも行いましょう

気功の効果 | からだのケアは内面からも行いましょう

心と身体を鍛え、

その両方を一体化し健康に導く方法が、

気功』です。

この健康こそが、

人が生きていくうえで、

大切な基本的条件であると思います。

スポンサーリンク




健康は生きていくうえで、最も大切なもの

人は、

お金、地位、名誉は大切ですが、

生きていく以上、

自身の健康は欠かせないことであると思います。

スキンケアやヘアケアなど

部分的なケアももちろん大切ですが、

身体の内面から、

健やかで健康的な毎日に過ごせるのが

理想的ではないでしょうか?

薬などに頼らず、

食物や運動・健康法などによって

向上させたいものです。

体は正直で、

どこか悪いと物理的な痛みだけでなく、

精神的にも影響が出てきて憂鬱になります。

私自身、

学生時代の体の酷使で、

かなりガタが来ていました。

ケガをしたときなど、

すぐケアをせず、

そのままにしていたためでした。

30歳を過ぎたあたりから顕著になり、

ジョギングもできないほど

身体に痛みが出てきました。

どういう状態かといいますと、

身体の中心がずれたような感覚に陥り、

走る振動で、

背骨の真ん中から肋骨あたりに

異様な鈍痛がありました。

30代後半から40代前半は、

接骨院から、整体、カイロ等、

当時良いと評判のあるところは、

足繁く通いました。
(いくら使ったか驚きです!)

効果のあったところもありますが、

高価なので、とても長い期間通っていられません。

また、

全く効果のないところもありました。

それどころか、

詐欺まがいで、

物凄く面白いところもありました。

そのあたりは、別の機会にお話しします。

当時、仕事も忙しく、

とうとう過労で倒れました。

病院で『過労』と『うつ状態』と診断され、

会社から休暇をもらいました。

それほど心身ともに

病んでたということになります。

気功との出会い からだのケアは内面からも行いましょう

そんな時に出会ったのが、

気功』でした。

後述しますが、

気功も色々な種類があります。

ある書店で手にした書籍がきっかけでした。

その書籍とは、

少林寺気功のチカラ ― 秘伝と健康メソッドの「実践版」』です。

著者は、

中国河南省嵩山少林寺』の

第34代継承者最高師範です。

付属のDVDを見ながら行ったのが最初でした。

これはとてもよかったです。

書籍の付属なので、

内容にも制限がありましたが、

それはそれで効果がありました。

中国武術がもとになっているので、

とても入りやすかったです。

練功していくうちに、

身体がポカポカし、

心地よくなるのが、

本当に実感できました。

また、

このころはまだ始めたばかりなので、

気を感じることが、

出来たり出来なかったりでしたが、

初めて気感というものを体験できました。

 

スポンサーリンク

 

気功の効果 からだのケアは内面からも行いましょう | まとめ

気功を行うようになって、

ある程度、私の体はかなりよくなっていきました。

もちろん、

腰痛、肩こりと言った

慢性のものを改善するには、

時間がかかります。

しかし、

あの時、気功に出会ってなかったら、

私の体はもっとボロボロになっていたと思います。

少なくても、

ジョギングはできるようになり、

学生の頃にやっていた、

空手もできるようになりました。

大切なことは、

よくなったからといって

途中で止めてしまうのではなく、

継続することです。

kikou11

出典:武藝 株式会社BABジャパン
表紙:中国河南省嵩山少林寺第34代継承者最高師範 秦 西平

 

これ、お勧めです。