空手道全日本選手権大会の覇者は | 極真会館

空手道全日本選手権大会の覇者は | 極真会館

前回、

2020年東京オリンピックの正式種目に採用されました、

全日本空手道連盟の優勝者を紹介しました。

今回は、

フルコンタクト空手の覇者たちをご紹介します。

フルコンタクト空手の源流は、

故大山倍達 国際空手道連盟総裁が興した、

極真会館です。

現在では分裂を繰り返し、

極真を名乗る組織、団体が大小数多く存在します。

その中で、

本流と問われれば、大山総裁の家族が継承した極真会館宗家なのでしょう。

しかし、

総裁の遺言は、現在の極真会館(紛らわしいですね(笑))、

松井章圭(現在は圭の字が違います)館長を後継者に指名したとのことです。
(色々物議を醸し出していますが。)

ここでは、極真を名乗る組織、団体の中で、

その規模、勢力、選手層から判断して、

2016年の極真会館(松井館長)全日本に焦点を当てたいと思います。

※以下、この記事では、
極真会館は国際空手道連盟 極真会館(松井館長)を指します。
同名の組織、団体には大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

スポンサーリンク




2016年の極真会館の選手権大会

karate_takahashi01

出典:yahoo.co.jp

極真は基本的に組手部門の試合が主流でした。

当時(30数年前(笑))、

私の所属していた道場は、型も均等に指導されていました。

道場によっては、

審査前にだけ行うだけのところもありました。

試合は組手部門しかなかったため、

指導法もさまざまであったと思います。

そのような環境でしたから、

女子の大会、試合も一部だけの数少ないものでした。

最近は、

型と女子の試合も同様で、

今では大きな部分を占めてくるようになりました。

ただし、

大会そのものは全日本とは別に開催されることもあります。

極真会館の2016年の大会で取り上げたのは

なるべく全日本の形式に近い大会を選択しました。

  • 男子組手部門 → 第48回 日本空手道選手権
  • 女子組手部門 → 2016極真祭 全日本女子空手道選手権
  • 男子型部門  → 2016極真祭 全日本型競技空手道選手権
  • 女子型部門  → 2016極真祭 全日本型競技空手道選手権

ただし

型部門に関しては、

年齢層別によるものでしたので、

一般部に一番近い、「15歳~34歳」部門とさせていただきました。

男子組手部門

karate_kamada01

出典:yahoo.co.jp

組手部門というより、

フルコンタクト系は男子組手の大会しかありませんでした。

また、

極真は1967年の第一回の大会を皮切りに1995年の27回まで

歴代入賞者は一緒ですが、

28回以降は分裂、それぞれの大会が開催されています。

氏 名:鎌田 翔平
生年月日:1987年5月28日
出 身 地:富山県
所 属:東京城西支部

鎌田 翔平の戦績

  • 2009年 第26回 全日本ウェイト制 重量級4位
  • 2010年 第42回 全日本大会8位
  • 2012年 第29回全日本ウェイト制 軽重量級2位
  • 2012年 第44回全日本大会7位
  • 2013年 第5回全世界ウェイト制 軽重量級2位
  • 2013年 第45回全日本大会5位
  • 2014年 第31回全日本ウェイト制 重量級優勝
  • 2014年 第46回全日本大会4位
  • 2016年 第33回全日本ウェイト制 重量級優勝
  • 2016年 第48回全日本大会 優勝

ひとこと

小学生の頃は他流(松濤館)の空手を学んでいたそうです。

K-1で極真元世界王者のフランシスコ・フィリョ選手や

元K-1王者のピーター・アーツ選手の

豪快な技を見て極真の門をたたいたそうです。

ちなみに城西支部からの全日本王者は第24回の田村選手以来、

なんと24年ぶりだそうです。

今回の48回大会は、ルール改正後、初めての試合です。

それをものともせず、圧倒的な強さを見せた鎌田選手は凄いですね。

現在の極真会館で、力強さもさることながら、

技の多彩さ、感のよさはピカ一ではないでしょうか?

若手が後から勢いよく迫ってきていますが、

まだまだ頑張ってほしいです。

2016年空手道全日本覇者 女子組手部門

Karate_nagayoshi02

出典:yahoo.co.jp

氏 名:永吉 美優
生年月日:1998年8月13日
出 身 地:東京都
所 属:城西世田谷東支部

永吉 美優の戦績

  • 2014年 全日本高校選抜 15歳~17歳無差別級 優勝
  • 2015年 国際青少年 15歳~17歳女子+50kg級 優勝
  • 2015年 全日本女子ウェイト制重量級 4位
  • 2015年 全日本女子大会(無差別) 3位
  • 2015年 ワールドユース 15歳~17歳 女子+50kg級 優勝
  • 2016年 世界女子ウェイト制中量級 4位
  • 2016年 全日本女子大会(無差別) 優勝

ひとこと

2015年は準決勝に進みましたが、惜しくも3位入賞。

しかし、2016年は昨年の悔しさをばねに見事に優勝。

しかも、高校生です。

将来の可能性を十分に証明してくれました。

実力もさることながら、その端正なルックス、

可愛さで、メディアからも高い注目が集まっています。

空手を疎かにしてはいけませんが、

色々なことにもチャレンジしてほしいものです。

Karate_nagayoshi01
出典:yahoo.co.jp

 

2016年空手道全日本覇者 男子型部門

karate_miyaji01

出典:yahoo.co.jp

氏 名:宮地 聡太郎
生年月日:1990年7月12日
出 身 地:
所 属:京都支部

宮地 聡太郎の戦績

  • 2013年 全日本型競技空手道選手権大会 12歳~17歳 3位
  • 2015年 全日本型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 3位
  • 2016年 全日本型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 優勝

ひとこと

五十四歩

極真の教科書どり綺麗な型ですね。

ただ、伝統派、特に沖縄の空手の型と比べると、

ムチミやガマクを駆使することがないので、

スポーツ競技としての側面が大きいと思います。

宮地選手、組手部門でも活躍しているようです。

極真の型な試合なので、知名度は今一つですが、

これからが楽しみです。

応援しましょう!

2016年空手道全日本覇者 女子型部門

karate_madoka01

出典:yahoo.co.jp

氏 名:高橋 円香
生年月日:
出 身 地:
所 属:総本部

高橋 円香の戦績

  • 2014年 全日本型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 優勝
  • 2015年 国際型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 3位
  • 2015年 全日本型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 優勝
  • 2016年 国際型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 3位
  • 2016年 全日本型競技空手道選手権大会 15歳~34歳 優勝

ひとこと

手刀(回し)受けの形が、

今までの極真の型(腕の形)と違います。

どちらかというと、

伝統派の手刀受けの形に近くなっています。

それにしても美しい型です。

2014年、2015年合わせ3連覇です。

女子のほうが一般的に人気が出やすいですね(笑)

TVでも紹介されたみたいです。

これを機に極真全体の人気がアップしてほしいものです。

もちろん実力もですが……それは心配ないでしょう(笑)

数年前に所属道場を

山形支部から総本部に移したのですね。

私は山形支部(特に福島)は、少し思い入れがあります。

ある事で知り合った、敬意を表するいい先生がいます。

極真いわき道場

これからも頑張ってほしいです。

2016年空手道全日本 | まとめ

極真会館は、全日本空手道連盟と友好関係にあります。

全空連によるルールの講習も行っていることから、

オリンピックも目指しているようです。

その為のルール改正だったのでしょうか?

型の試合もポピュラーになってきたことは、

良いことであると思います。

オリンピックに

フルコンタクト空手の選手の出場する機会が出来たということは、

ちょっとワクワクしますね。

ただ、全空連の選手の方々を差し置いて、

選出されるほど、甘い世界ではないと思います。

恐らく、

極真選手が、

K-1の戦いに順応するより大変なことではないでしょうか?

それほど、伝統派と極真含むフルコンタクトは違います。

似て非なるものといっても過言ではありません。

以前にインタビューがありました。

鎌田翔平選手、高橋佑汰選手(第48回全日本準優勝)、太田菜月選手(2013年世界軽量級優勝)

が受けましたが、

高橋:まだ始まってはいないです。
極真(フルコンタクト)とJKF(ノンコンタクト)は全然違いますよね。
野球とサッカーくらいの違いがあるので、本当にゼロからのスタートに
なるんじゃないかと思います。

鎌田:僕はもともとノンコンタクトの経験者ですし、
順応できる自信はあるんですけど、
今は世界大会に集中しているのであまり意識はしていないです。
でも、世界大会が終わったら気持ちが変わるかもしれません。

太田:私も興味はあります。
2020年は30歳になるので、
今後の人生設計の中でどう動くかはわからないですけど。
でも、宇佐美里香さん(型の世界チャンピオン)の型はすごいなと思うので、
私もそれはできるようになりたいですね。

極真会館での実績が、

自信の裏付けとなっていると思いますが、

ちょっと楽観的だなと思うのは私だけでしょうか(笑)?

ただ、お互い一流の選手です、

良いところを吸収して、盗んで、オリンピックに近づけたらと思います。