空手 | 船越義珍の意思を受け継ぐ、最も古い空手部とは

空手 | 船越義珍の意思を受け継ぐ、最も古い空手部とは

学生時代に空手を学ぶ方法ですが、

町の道場で修業しているケースもありますが、

学校の部活動で修練する場合もあります。

今回の話題は後者で、空手部に関連した話題です。

本土に空手を最初に伝えた人物は、

船越義珍翁と述べたことがあります。

では、

空手部を最初に創設した学校は

どこだったのでしょうか?

スポンサーリンク




本土で最も古い空手部

記録に残っているものとしては、

大正13年、近代空手の父、船越義珍翁を迎えた

慶應義塾大学空手部が本土で最も古い空手部です。

当時は、

慶廳義整体育会空手部の前身であり、

唐手研究会と呼ばれました。

当時の沖縄も大学には

空手部はなかったと考えられるので、

恐らく日本、世界で一番古い空手部でしょう。

脚光を浴び始めた空手道は、

確実に学生の中に浸透し始め、

慶応義塾に続き、

大正14年には東大(当時、東京帝国大)も

義珍翁を師範に迎え入れました。

続いて、

  • 昭和 2年 東洋大学
  • 昭和 4年 立命館大学
  • 昭和 5年 拓殖大学
  • 昭和 6年 早稲田大学
  • 昭和 9年 東京農業大学
  • 昭和 9年 法政大学
  • 昭和10年 日本大学
  • 昭和11年 明治大学
  • 昭和11年 立教大学
  • 昭和12年 同志社大学
  • 昭和13年 京都大学
  • 昭和15年 関西大学
  • 昭和15年 中央大学

と記録されています。

ちなみに、

世界空手道選手権の形部門で一世風靡した

宇佐美里香さんの出身校 国士館大学は、

昭和38年創部で、比較的遅いのが少し驚きでした。

karate_usami01
出典:yahoo.co.jp

創設した空手部の代表師範は?

karate_funakoshi01

出典:月刊空手道2007年10月号

船越翁に続いて、

本土に上陸した沖縄の達人たちも

それぞれ大学に迎えられ指導を始めました。

  • 東洋大学 本部朝基
  • 立命館大学 宮城長順
  • 拓殖大学 船越義珍
  • 早稲田大学 船越義珍
  • 東京農業大学 大塚博紀
  • 法政大学 船越義珍
  • 明治大学 大塚博紀
  • 立教大学 大塚博紀
  • 同志社大学 宮城長順
  • 京都大学 大塚博紀
  • 日本大学医科 大塚博紀
  • 関西大学 摩文仁賢和
  • 中央大学 船越義珍

空手を志すうえで、知らない人は殆どいないしょう。

凄い時代ですね。

義珍翁は慶大を皮切りに、

東大、拓大、早大、一橋大、法政大の順に創設された

空手道部(唐手研究会)を次々に指導されたそうです。

義珍翁の空手はいかにして伝えられ、

いかにして今日まで継承してきたのか、

最古の空手道部、慶應義塾大学空手部

を見ていきたいと思います。

空手を普及させるため沖縄から本土へ、そして理解者の出現

空手部(唐手研究会)が発足する前の

大正11年に沖縄から上京した義珍翁は、

東京御茶ノ水の教育博物館で開催された、

第一回体育博覧会の舞台において、

空手の型 『公相君』を披露しました。

この時、

空手を本土に普及するといった壮大な夢を

公私にわたり支えてくれたのが、

講道館、『嘉納治五郎館長』でした。

嘉納治五郎館長の理解を得た義珍翁は、

それ以後、再び沖縄の土を踏むことなく、

東京都拠点とし、空手の普及に努めました。

義珍翁は、

講道館付近になると電車の中でも、

その方面に向かって礼をしたという

心温まるエピソードがあります。

本当に深い恩義を感じていたのでしょう。

義珍翁は大正11年の演武より前にも

京都武徳殿において披露しています。

このころは沖縄在住で

小学生に教鞭を執っていたそうです。

「大正5年(1916年)京都武徳殿において唐手を演武。」
「小学校で教鞭を執りながら、船越は小学生達に唐手も指導していた。大正5年(1916年)頃、泊小学校で船越に唐手を習った長嶺将真によると、船越は生徒達にナイファンチ(鉄騎)やピンアン(平安)の型を教えていた。」

大学関係者による空手の有益性の発見と理解

嘉納治五郎氏の理解もありましたが、

さらに義珍翁にとって幸いだったのは、

大学関係者が空手の有益性を発見し、

理解を示したことです。

なかでもいち早く目をとめた、

慶應義塾関係者により

大正13年の慶應義塾唐手研究会創設が実現しています。

またその後、

爆発的な空手の普及に繋がっていくことになります。

 

スポンサーリンク

 

唐手から空手、近代空手の父と広めた慶大空手部の学生達

唐手が空手になったのは、

昭和4年と記録されていますが、

きっかけを作ったのが、慶応大学空手部でした。

義珍翁は唐手研究会が発行する機関誌において、

唐手』を『空手』に改めると発表しました。

実際にそれを変えたのは、慶大空手部のある学生で、

当時、

座禅の修行をしていたお寺の住職と相談して

』の文字を当てたとのことです。

もっとも、

沖縄でも空手という言葉を使用していた

という記録も残っています。

どちらが先か、正しいかということは、ここでは関係ありません。

同じ人間同士です、偶然の一致もあり得ますから。

しかし、

本土で『空手』と公にして現在に至っているのは、

慶応義塾空手部が貢献しているのは疑いもないことです。

 

正式な大学空手道部としてスタート、流派は?

昭和7年10月、空手研究会は体育会に入部、

正式に慶應義体育会空手部として認可されました。

しかし、

まだまだ一般では空手の認知度が低く、

沖縄発の琉球踊りとしか見られないこともしばしばでした。

認可された空手部は、

義珍翁に慶應義塾から賃金が支払われるようになりましたが、

当時40円だったそうです。

これは、大卒初任給が70円だったことを考えると、

物凄く少ないですね。

恐らく、

大学の部で空手の指導をすることが

前例がなかったのが理由であると思います。

それにしても安いです。

義珍翁の当時の生活が想像できるようです。

初めてのケースでゼロからのスタートですから、

その苦労と大変さは、

並大抵なものではなかったと思います。

しかも一度も沖縄に帰ることなく、

空手の指導に生涯を注ぎ、普及に努めたことは、

称賛に値します。

ところで流派ですが、義珍翁の指導する空手は、

現在でいう『空手4大流派

  • 剛柔流
  • 糸東流
  • 和道流
  • 松濤館流

の松濤館流です。

しかし、

義珍翁ご本人は流派としての自覚はなく、

無流派を前面に出していました。

松濤は義珍翁の雅号で、

昭和14年に豊島区に開設した道場

の『松濤館』が元になっているといわれています。

義珍翁の尊敬する、嘉納治五郎氏も、

流派にこだわることなく講道館を興したように、

空手の大同団結を目指していたのではないでしょうか?

それを裏付けるものとして、

松涛館流というものはありません

としばしば公言していたそうです。

慶応大学空手部の指導方法は

karate_keio02
出典:月刊空手道2007年10月号

義珍翁は『15の型』をもって上京しました。

型を重視し柔術を参考に

約束組手が作られましたが、

自由組手は取り入れなかったといいます。

平安二段から始まって、ひたすら型を行う毎日でした。

平安二段から行う理由は、

 

 

を参照してください。

また、

義珍翁はその人の型ににはめるような指導はしないで、

各々個性にあった指導をしていたそうです。

現在でこそ各大学空手部が凌ぎを削っていますが、

慶応義塾空手部は本土最古の空手部として、

今も義珍翁が遺した空手を受け継いでいます。