空手 | 正拳突きの方法論

空手 | 正拳突きの方法論

現在、空手の稽古において、

手による打撃系の技は、

正拳突き』が中心となっています。

もちろん本来の空手は、

手刀、肘、貫手など、

手技も多彩に備わっていますが、

組手や試合でも手による攻撃は、

ほぼ正拳突きに終始しています。

これは空手の試合のルール上、

手技では正拳突きが効果的であるからでしょう。

しかし、

正拳一発で相手を倒すのも、

空手を志している人間の目標の一つでもあります。

しかし、

空手の正拳の突き方や身体操作には、

流派によって違いが見られます。

一つの目的を達成するためには、

いろいろな方法があります。

威力のある正拳突きを放つには、

方法論は一つではないという事でしょう。

このやり方で正解ということではありません。

興味深いので、

今回は『正拳突き』に焦点を充てたいと思います。

スポンサーリンク




空手 | 正拳突きとは

冒頭でも述べたとおり、

正拳突きとは、

空手の代表的な手技の一つです。

使用頻度が高く、

どの流派の空手の試合でも、

手技に関しては、

ほぼ100%正拳突きが決まり手になっています。

空手 正拳突きとは | 使用部位

karate_kyokushinnkan01

出典:yahoo.co.jp

拳を握ったときに、

人差指と中指の根元の出っ張った関節の前側の部分、

拳頭と呼ばれ、突ききったときに手の甲が上になります
(例外あります)。

拳頭の後(背)部分や他の指の部分での突きは、

正拳突きには含まれません。

流派によっては、拳闘をさらに分割し、

人差指か中指のどちらかをメインで突く方法を

指導しているところもあります。

これは、

人差指の中手骨と中指の中手骨の角度が若干違うので、

手首の角度も違ってくるからとのことです。

空手 正拳突きとは | 握り方

拳の握る時、指の曲げ方ですが、

  1. 親指を除く他の指の第一関節と第二関節を同時に曲げる
  2. 第三関節を曲げ拳を握る
  3. 人差指、または人差指と中指に親指をかぶせるように曲げる

の順で拳を形作ります。

4本の指の曲げる順序ですが、

流派によるものかわかりませんが、

いくつか方法があります。

  • 小指、薬指、中指、人差指の順に握る
  • 人差指、中指、薬指、小指の順に握る
  • 全て同時に握る
  • 第二関節までは小指、薬指、中指、人差指の順に握り、
    第三関節は逆の順で握る

どれが正解とは断定できません。

また、

握って形作ったら、拳の力を緩めましょう。

空手 正拳突きとは | 種類

karate_kyokushin_sosai02

出典:yahoo.co.jp

正拳突きの種類は大雑把に分けて、

  • 上段突き:顔面、頭部など首から上を突く
  • 中段突き:胸部、腹部などの身体の中段部分を突く
  • 下段突き:腹部より下や低い位置を突いたり倒れた相手を突く

が挙げられます。

これらは、

ボクシングでいうとストレートのイメージで、

『直突き』と呼ばれるものです。

また、

ボディアッパーのように手の甲を下に向けて打つ

『下突き』や、

『鉤突き(振打ち)』というボクシングのフックのように、

相手の顔面の横や、脇腹を打つような変則的な突きもあります。

運足を交えると、

  • 正拳順突き:攻撃時に出した足と同じ側の手で突く = 追い突き
  • 正拳逆突き:攻撃時に出した足と逆の側の手で突く

があり、

組手時のシチュエーションに応じて

使い分けるのは言うまでもありません。

空手 | 正拳突きのやり方

karate_seiken_kyudokan1

基本中の基本ですが、

最も難しいといわれる正拳突きは、

身体の使い方、拳の出し方が重要になってきます。

ここでは、正拳中段突きをメインに話を進めたいと思います。

正拳突きの練習のイメージとしては、

引き手を腰や脇に、突き手は身体の中心に向かってというのが、

一般的であると思います。

立ち方は流派によって違うと思いますが、

自然体や並行立ち、内八字や三戦立、騎馬立ち

といったところでしょうか?

前屈立ちからの正拳突きの練習もありますね。

腰や脇の引き手とした拳を腰を入れて(素早く回転させ)、

仮想の相手にまっすぐ突き出します。

突いた手の甲は上、

引いた手の甲は下に向いて、

腰や胸に収まっています。

この一連の動作を繰り返します。

突いた時の引き手の位置ですが、

流派によって位置が違います。

剛柔流(那覇手)は、胸の横(脇)に引き手を構えます。

力強さが特徴で、接近戦を得意とする流派では、

相手の身体に素早くダメージを浸透させることから、

最短の距離に手を構えます。

それに対して、

松濤館(首里手)は比較的遠い距離から、

手を鞭のように操作することで、

相手にダメージを与えることを目的にするため、

筋肉の緊張を避ける意味で、引き手を腰に置きます。

もちろん、

基本稽古の話で実戦や試合となると、

引き手を腰や脇にとるというのは

現実的(実戦的)ではありません。

では、

なぜ引き手を取るのでしょうか?

諸説ありますが、

反動をつけるというのが理由の一つです。

生活の中でも競技でも、

人は何かの動作をする時に

逆側で反動をつけようとします。

それによりその動作をやりやすくするためです。

走る時やボールを投げる動作にも表れています。

正拳突きも同じで、引き手を使うことで、

早く強く突き手を操作することができます。

もう一つは、

戦う上での用法といった方がいいでしょうか?

相手の攻撃を受けた時に、

その捌いた手で相手の手をつかみ、

引きつけて正拳をたたきこむという方法も考えられます。

空手 | 正拳突きの動作における身体の使い方

karate_sousai01

出典:yahoo.co.jp

正拳突きのやり方を

もう少し詳しくお話ししたいと思います。

突きを放つ際に関連する部位について

つづっていきましょう。

正拳突きの動作における身体の使い方 | 腰

拳の回転と共に、

腰の回転を生かすことが重要と言われています。

正拳突きは、上半身だけでなく、

腰の回転も使って、全体の力を拳に集中させることが必要です。

しかし、

腰を回転させる(振る)事については、

身体操作の違いから、それを求めない流派もあるようです。

回転させないとうことについては、パターンがあります。

  • 後に述べる倒木法と呼ばれるような体重移動を原理とするため
  • 腰を大きく回転させるのは初心者の鍛錬で、徐々に幅を小さくすると同時に威力は大きくなる

目的は『威力の増大』ですが、

方法論は幾通りもあるということです。

正拳突きの動作における身体の使い方 | 肘

肘は伸ばし切らないのは、どの流派も同じようです。

伸ばし切らないというよりは、

突いた後は、緩めるというのが正しいです。

伸ばし切ると無駄に肩に力が入ります。

ボクシングは、

伸びきった拳を素早く引くことによって、

肘に対して一種の緩衝になりますが、

伸ばし切ったままだと、肘関節を痛めます。

極真会館大山倍達総裁の正拳突きも

放った後の形は緩めています。

私にはこれが理想形のような感じを受けます。

空手 | 沖縄における独特な身体の使い方

沖縄の空手には、ガマク、チンクチ、ムチミという、

伝統的な身体の使い方があります。

本土でも使用している流派や人がいると思います。

もともとは沖縄舞踊が発祥となっている身体操作で、

これらを用いることによって、

正拳突きにおいても、爆発的な威力を発揮します。

  • ガマク:ガマクを入れる
    腰骨の上部から脊柱起立筋あたりの部分で、背中側に壁を作るイメージです。
    これにより小さい力でも大きな威力を発揮する事が出来ます。
  • チンクチ:チンクチをかける
    筋骨と書き、合理的な筋骨の使い方により威力を発揮するものです。
    主に手首、肩、腰、足など身体の各部にかけます。
  • ムチミ:ムチミをかける
    身体の上半身の筋肉だけでなく、腰を小さく振るわせるようにします。
    ムチミというのは、餅・身という意味で、モチのように粘りのある身体操作を意味します。

また、

倒木法(倒地法)』と呼ばれる、

空手において、

威力を増すうえでもっとも重要な原理があります。

これは、

身体を重力にまかせて倒れ込んだ位置エネルギーを

運動エネルギーにするというものです。

これらは、以前の記事も参考にしてください。

 

 

 

正拳突きの色々な方法論 | まとめ

karate_tokyogorin1

出典:yahoo.co.jp

空手家の憧れ、目標の『一撃必殺

これを正拳突きに委ねます。

どの流派も身体操作、タイミングを重視しています。

細かいところでは、筋肉や骨の使い方に重きを置いています。

要は、

日頃の稽古をきちんとすることが大切です。

頭のてっぺんから足の先まで、

しっかりと動きを意識して、

繰り返し正確に身につけなければなりません。

これが、後々差がつく大きな理由となりますので、

しっかり稽古をしましょう!