正拳突きが得意な空手家

正拳突きが得意な空手家

前回のテーマから、

実際に正拳突きが凄い空手家をあげてみました。

まだまだ先人や現在でも得意な空手家はいるかもしれません。

あくまでも独断と偏見ですので、異論のある方はご容赦ください。

スポンサーリンク




横山 和正 | 米国で「ブルース・リーの2倍速い」と言われた男

karate_yokoyama01

出典:yahoo.co.jp

『沖縄小林流研心国際空手道館長』にして映画俳優。

突きが物凄く早いため、

『瞬撃手』のニックネームがつき、

英語では、『Invisible hands』と見えない手と称されました。

『瞬撃手 横山和正、薄紙正拳突き。』
(Shorin – Ryu Kenshinkaikan)

鈴木 国博 | 徹底的に基本を練って作り上げた技

karate_suzukikunihiro01

出典:yahoo.co.jp

『新極真会 厚木赤羽道場師範』

最初の頃は、『オクトパス戦法』などと揶揄された、

強いことは強いですが、

密着型で基本を無視したなりふり構わない戦い方でした。

いつから変わったのでしょうか?

教科書と言ったら失礼ですが、

綺麗な戦い方ですが、ダイナミックで緻密です。

以前から突きが得意の様でしたが、

変わってから、磨きがかかったというか

突き方も変化したような気がします。

バランス、呼吸、立ち位置、どれをとっても文句ありません。

『【空手 正拳突き】新極真 鈴木国博』
(武道を気ままに)

江上 茂 | 柔らかい動きの中に、大きな威力を求めて突く拳

karate_egami01

出典:yahoo.co.jp

船越義英氏(船越義珍翁の長男)逝去の後、

松濤館を再建、館長に就任。

その後、独自の方向、方法、技を示すべく、

江上空手道』を遺しました。

その正拳突きは、中指の第二関節を用いた

一本拳(中高、中立一本拳)です。

残念ながら演武等を行っている姿を

拝見することはできませんが、

お弟子さん達の動きで、江上空手道の特徴がよく分かると思います。

『Maitre Shigeru Egami (Shotokai) – Stage au Japon』
(plusbasplusloin)

大山 茂 | 空手は正拳にはじまり、正拳に終わる

karate_sihigeru01

出典:yahoo.co.jp

分裂前、極真会館の世界最高師範です。

最高師範と言えば、大山茂氏しか思い浮かばないほどでした。

渡米時、命と生活を守るために自らの拳を鍛え上げ、

確実に相手をしとめる正拳を身につけました。

空手の命は組手にあり、
組手の命は基本にあり、
基本の命は正拳にあり、
そして、正拳の命は握りにある

引用:フルコンタクト空手 NO.98 福昌堂

茂師範の正拳突きを受けた時は、

あのウイリーでさえも、そのとてつもない破壊力に驚いたほどです。

『最強のカラテ・極真を支えた男 大山茂 THE STRONG MAN SHIGERU OYAMA』
(sakabaable)

中村 誠 | 対戦相手が吹っ飛ぶほどの正拳の威力

karate_nakamuramakoto01

出典:yahoo.co.jp

極真はルール上顔面禁止なので、

正拳突きは首から下への攻撃となります。

試合でも組手でもよほどラッキーか、

急所に決まらない限りは、突き一発二発で相手を効かせたり、

飛ばしたりすることは難しいと思います。

中村師範ほど突きの威力が目に見えてわかる人は、

あまりいないのではないでしょうか?

1977年にハワイで行われた、

『日本代表極真会館チームvsハワイ代表チーム』で、

対戦相手を突きで2メートル以上、飛ばしたとのことです。

また、

100人組手も完遂はしませんでしたが、

何人もの相対者がその突きで吹っ飛んでいます。

『中村誠 極真空手最強の重戦車』
(SupremenessNippon)

大山 倍達 | フルコンタクト空手の父、ゴッドハンド

karate_kyokushin_sosai03

出典:yahoo.co.jp

大山総裁の正拳突きは、初期の極真会そのものです。

百目のローソク消しは、圧巻です。

逆の体の軸を斜めに傾けて正拳突きを放ちます。

総裁をあまりよく思わない方は、

斜め突きと揶揄してたそうです。

沖縄空手の正拳突きは、拳を正中線までもっていきません。

肩甲骨と拳が一直線になる様に、正中線より外側で突きます。

総裁の正拳突きは、身内からも

あれは誰もまねできない、肩を壊す。」といわれていたそうです。

しかし、

肩に負荷をかけているのではなく、

肩甲骨から脇の下に力を入れるように集中しているためです。

以前、著名な空手家の誰かが、

本土の空手家できちんとチンクチを掛けた拳をはなてるのは、大山倍達だけだ。
といったのを聞いたことがあります。

『Mas Oyama (大山倍達). Old video kyokushin technics (1971)』
(Kyokushinkai Karate)

小林 邦雄 | 強烈空手、重い逆突きは半端ない

karate_kobayashikunio01

出典:yahoo.co.jp

日本空手協会所属なので、寸止めですが、

突きのタイミング、重さは文句のつけようがありません。

特に飛び込んでの逆突きは、圧倒的な迫力です。

『風を切り裂く正拳突き!日本空手協会 小林邦雄師範!』
(kuro-obi world)

喜友名 諒 | 空手発祥の地、沖縄が誇る世界チャンピオン

karate_kyuna05

出典:yahoo.co.jp

現世界チャンプの空手講座です。

ムチミ、チンクチを使った正拳突きは、沖縄独特のものです。

次回オリンピックではかなり期待されるでしょう。

頑張ってほしいと思います。

『世界王者喜友名諒の正拳突き指導 WORLD CHAMPION KIYUNA RYO HOW TO TSUKI』
(KARATEJOURNAL)