fuyuki

1/6ページ

石井館長がマンガになった!しかも正道会館宗師本人原作『どるから』!

  • 2018.06.20

正道会館石井和義宗師がマンガになりました。それも自ら原作です。 購読している、あるメルマガで知りました! 内容は、もちろん? (笑)、空手マンガです。 ところで皆さんは、K-1はご存知の方も多いでしょう。 しかし、格闘技ファンならわかると思いますが、 石井館長(宗師)はご存知でしょうか? もちろん、漫画とは結び付きませんね(笑) 「どるから」原作、正道会館石井宗師とは? 出典:yahoo.co.j […]

日本空手協会2018年 第61回全国空手道選手権の大会結果は?

  • 2018.06.06

2018年、日本空手協会は、松濤館空手の最高師範、船越義珍翁の誕生(1868年)から150年を迎える年になり、 日本空手協会も創立70年を迎えます。 そのため今年2018年は、 『船越義珍生誕150周年記念・日本空手協会創立70周年記念 内閣総理大臣杯 第61回全国空手道選手権大会』と銘打って開催され、白熱した大会となりました。 日本空手協会 第61回全国空手道選手権大会2018 開催日:6月2・ […]

横山和正氏 瞬撃手 沖縄松林流空手道研心会館館長 | 空手 訃報

  • 2018.05.28

巨星堕つ! 2018年5月26日 また、空手界の宝と言える人物が逝ってしまいました。 沖縄松林流空手道 研心会館館長 横山和正氏です。 空手だけでなく武器術にも精通していて、他の武道にも造詣が深い方でした。 尿管癌のため、享年60歳という事ですが、あまりにも早い訪れでした。 まだまだやりたいことがあったでしょう、本当に残念でなりません。 横山和正 研心会館館長はどのような方でしょうか? 若くしてア […]

井上尚弥とマクドネルの世界戦の結果は?

  • 2018.05.24

2018年5月25日に行われた、ボクシングタイトルマッチで、 WBA世界バンタム級チャンピオンのジェイミー・マクドネル選手と同級2位の井上尚弥選手の対戦が東京は大田区体育館で行われました。 結果は、1ラウンド1分ちょっと、めった打ちで井上尚弥選手のKO勝利で幕を閉じました。 絶対王者を全く寄せ付けない攻撃、特に左が見えませんでした。 身長で10㎝以上、リーチで11㎝以上、胸囲は何と!6㎝の差があり […]

第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会 | 全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)

  • 2018.05.21

JFKO、全日本フルコンタクト空手道連盟が開催する5回目の大会は、海外選手の枠も増え世界22か国で100名近く出場しましました。 500名以上が参加するこの大会が、第1回の国際大会として開催、2日間にわたって階級別の熾烈な争いが繰り広げられました。 2018年 第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会 出典:JFKO 開催日:2018年5月19・20日 場 所:エディオンアリーナ大阪 男女8階級で […]

空手家 岸 信行氏が逝去 | 訃報

  • 2018.05.01

好きな空手家が、また旅立たれました。 岸 信行氏 極真会館総本部内弟子、指導員を経て、極真会館台湾支部の発展、組織強化のため2度本部より派遣され貢献されました。 その後、ニューヨークはマンハッタンの支部長を務めて、故郷山形で「岸空手」を立ち上げ、老若男女に空手の指導を施しました。 数々のエピソードを残しましたが、一言で「武人」という名に相応しい方であると思います。 湯呑み茶碗を裏拳で割る試割りは圧 […]

廣重毅氏 極真の名伯楽が逝去 | 空手 訃報

  • 2018.04.18

2018年4月18日 全日本でも活躍し、指導者としても実績を残した、現極真拳武會会長、廣重毅氏が他界しました。 ここで直前の記事の佐藤俊和氏と同じ、70歳でした。 最近では極真拳武會を興し、これからの発展に期待に胸を膨らませている時だっと思います。 残念でなりません。 廣重毅 | 重戦車と言われた現役時代 廣重氏は1947年11月1日福岡県出身。 1973年極真会館入門。25歳の時で大山倍達極真会 […]

空手 | オリンピックの舞台に極真の選手が立つことはできるか?

  • 2017.12.20

2020年に開催される、東京オリンピックの追加競技に 採用された『空手』ですが、 そのルールは、 『寸止め=ノンコンタクト』、『ポイント制』であり、 国際オリンピック委員会(IOC)の下、 世界空手連盟(WKF)、全日本空手道連盟(全空連=JKF) のルールが採用されます。 全空連は、『伝統派空手』と呼ばれますが、 それと相反する空手は、 直接打撃制を採る『フルコンタクト空手』と呼び、 代表的な流 […]

正拳突きが得意な空手家

  • 2017.12.13

前回のテーマから、 実際に正拳突きが凄い空手家をあげてみました。 まだまだ先人や現在でも得意な空手家はいるかもしれません。 あくまでも独断と偏見ですので、異論のある方はご容赦ください。 横山 和正 | 米国で「ブルース・リーの2倍速い」と言われた男 出典:yahoo.co.jp 『沖縄小林流研心国際空手道館長』にして映画俳優。 突きが物凄く早いため、 『瞬撃手』のニックネームがつき、 英語では、『 […]

空手 | 正拳突きの方法論

  • 2017.11.17

現在、空手の稽古において、 手による打撃系の技は、 『正拳突き』が中心となっています。 もちろん本来の空手は、 手刀、肘、貫手など、 手技も多彩に備わっていますが、 組手や試合でも手による攻撃は、 ほぼ正拳突きに終始しています。 これは空手の試合のルール上、 手技では正拳突きが効果的であるからでしょう。 しかし、 正拳一発で相手を倒すのも、 空手を志している人間の目標の一つでもあります。 しかし、 […]

1 6