極真空手史上、百人組手の初めての達成者は?【ハワード・コリンズ】

極真空手史上、百人組手の初めての達成者は?【ハワード・コリンズ】

百人組手……。

文字通り1人で、入れ替わり立ち代わり100人を連続して相手にする、極真空手の荒行のひとつです。

過去達成者は11人ですが、その中で最初の達成者は外国人!

ハワード・コリンズ

どんな人なんでしょう?また、実績はどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク




極真空手の荒行、百人組手とは?

ハワード・コリンズを語る前に、もう少し百人組手に触れておきましょう。

冒頭でも述べましたが、1人が100人と入れ替わりで相対するものですが、元々、海外に派遣する道場生や、外国人道場生が帰国する時に行う、お祭り的なものであったとこのとで、主に分裂前の極真会館で行われていました。

その為、当初は1日と限定せず、2、3日に分けて行うケースもあったようです。

しかし、儀式的なものであっても、当初の組手は凄まじいものであったということです。私が知るところでは、中村誠師範(現.極真会館中村道場総帥)の百人組手までが、意味のあるものと思っています。

ハワード・コリンズとは?

HowardCollins1
出典:yahoo.co.jp

ハワード・コリンズ

極真空手の『1日での100人組手』を完遂した最初の人物です。

記録的(後述)には最初の達成者となります。

極真空手を修行するために来日

1970年代当時の極真会館総本部で修業するために、イギリスから来日しました。

来日当初は漫画『空手バカ一代』では初段の設定でしたが、実際は3級(緑帯)だったようです。

しかし、1年半ほど内弟子としてひたすら稽古に打ち込み黒帯取得、メキメキ上達します。

極真空手を志す外国人の執念

「空手バカ一代」が人気になる前に、海外では一部の地域で極真空手がポピュラーになり、総本部道場を訪れる修行者がいました。

ハワード・コリンズ氏もその一人で、お金を貯め、日本の極真会館本部道場で修業するためだけにイギリスから来日してきました。

「外国人は何年もかかってお金を貯め、そこからでないと日本に修行に来れない。それだけに稽古熱心だし、技の進歩も早い。これはわれわれ日本人選手にとって脅威なことである。」

極真会館大山倍達総裁の言葉ですが、コリンズ氏も日本人と同じ生活をしながら、稽古に打ち込みました。

「空手バカ一代」でのハワード・コリンズ

HowardCollins2
出典:空手バカ一代(梶原一騎原作、影丸譲也絵)26 講談社

漫画『空手バカ一代』(梶原一騎原作、影丸譲也画)では八百屋の2階に住み込みで働く設定でした。

羽田空港に降りたったコリンズは、極真会館がどこでも有名であると勘違い、税関でもアピールします。

HowardCollins3
出典:空手バカ一代(梶原一騎原作、影丸譲也絵)26 講談社

極真会館総本部で黒帯をひっさげて、初段クラスと相対しこれを撃破するものの、第3回全日本4位の三浦美幸選手との組手で、膝関節をはずされます。

HowardCollins4
出典:空手バカ一代(梶原一騎原作、影丸譲也絵)26 講談社

これに奮起し、さらに修行に励むコリンズですが、第1回全日本優勝者の山崎照朝選手に、本部道場の組手でボコボコにされます。臨んだ第4回全日本、山崎選手得意の回し蹴りの一瞬をついて後ろ蹴りの技あり。

HowardCollins5
出典:空手バカ一代(梶原一騎原作、影丸譲也絵)26 講談社

決勝では、三浦美幸選手に僅差で敗れたものの、準優勝という栄冠を手に入れました。

空手バカ一代で見た『コリンズスープ』

コリンズ氏が、下宿生活で欠かせない栄養補給に、野菜や果物の残りで作ったのが『コリンズスープ』です。

コリンズ氏が空手の修行を続けていく上で、栄養を摂取するのに欠かさないものでした。

HowardCollins6
出典:空手バカ一代(梶原一騎原作、影丸譲也絵)26 講談社

 

選手としてのハワード・コリンズ

HowardCollins7
出典:yahoo.co.jp

コリンズ氏の日本での選手としての活躍は、空手留学で内弟子として修業をした、1972年の第4回全日本で準優勝に輝きました。

第1回世界大会は、熊殺しウイリーに勝利するも、入賞はかないませんでしたが、第2回世界大会は、円熟した技で5位入賞。

学生の頃に見たコリンズ選手は、戦い方が外国人選手よりも日本人選手のそれであったのが印象的でした。

きちんと気合いを入れている様は、盧山選手(現・極真館館長)の現役時代と同様な完成された戦い方のような感じでした。

『極真アーカイブス 第2回 全世界 2回戦 ハワード コリンズ vs ジョン マルコルム』
(newshodo)

指導者としてのハワード・コリンズ

HowardCollins8
出典:yahoo.co.jp

現.新極真会スウェーデン支部長として、後進の指導に励んでいます。

また、ブライアン・フィトキン師範と共にスウェーデンに極真会館を根付かせた偉大な空手家です。

空手家としてのドルフ・ラングレンを育てたのもコリンズ師範だったそうです。

極真百人組手、もう一人の最初の達成者がいた!

HowardCollins9
出典:現代カラテマガジン NO.72 昭和48年2月1日発行

余談ですが、百人組手の最初の達成者は、もう一人いました。

目的がイベントであったため、当初は日数は設けられていませんでした。上の写真をご覧ください。この頃のコリンズ氏は6人目の達成者になっています。

通常、2日から3日かけての達成でしたが、後に大山総裁により1日での達成と定義づけられました。

その為、定義する前の達成者が存在し、最初の達成者も外国人でした。

現在IFK設立代表のスティーブ・アニール氏です。

弟子には、第4回世界大会で松井氏と延長5回の死闘を繰り広げた、黒ヒョウと異名をとりK-1でも活躍したマイケル・トンプソンがいます。

『極真空手 百人組手のもう一人の最初の達成者!? スティーブ・アニール Steve Arneil Kyokushin IFK.』
(気ままにチャレンジ)

ちなみに百人組手の定義前の達成者は以下の通りです。

  • スティーブ・アニール 1965年
  • 中村 忠 1965年
  • 大山 茂 1966年
  • ルック・ホランダー 1967年
  • ジャン・ジャービス 1967年

極真空手百人組手定義後の歴代の達成者は?

1日の達成を定義とした11人は以下の通りです。

  • ハワード・コリンズ(現・新極真会師範)
    1972年(昭和47年)
  • 三浦 美幸(現・三浦道場代表師範)
    1973年(昭和48年)
  • 松井 章奎(現・極真会館館長)
    1986年(昭和61年)
  • アデミール・ダ・コスタ(現・勢和会代表)
    1987年(昭和62年)
  • 三瓶 啓二(現・新極真会師範)
    1990年(平成2年)
  • 増田 章(現・極真会館増田道場代表師範)
    1991年(平成3年)
  • 八巻 建弐(現・八巻空手代表)
    1995年(平成7年)
  • フランシスコ・フィリォ
    1995年(平成7年)
  • 数見 肇(現・日本空手道数見道場館長)
    1999年(平成11年)
  • アルトゥール・ホヴァニシアン
    2009年(平成21年)
  • タリエル・ニコラシビリ>
    2014年(平成26年)