先手なし

護身としての空手

『空手に先手なし』 自ら争いの渦中に足を踏み入れ、 事を起こしたり、 自らひけらかすような行為は 戒めなければなりません。 戦いの歴史の中、 身を守ることで確立していった空手、 自らその中に投じるようなことはしない。 やむをえず、 身にかかる火の粉は払わなければならないときのみ、 その真価を発揮する。 そのため、 沖縄では、 以前は構えがなかったと言われますし、 形は必ず受けから始まります。 しか […]